投稿

2013の投稿を表示しています

転がる歌のように

スピーカーの上から

でも、でも、だってさって

俺は続く

12/25今年最後の

20%引きのお弁当

君のためにFGC

歌え、シンゴ

血の歌

何がわからないのかわからない

眠くならない

ヌルマユとワールドピース

痛いの痛いの飛んでゆけ

これからは僕も歩き出すよ

商業

あすなろ達

そこに君の気持ちはあったかい?

思えば苦しいことも多かった

その日まで

12月を論破って

足並み

僕の気持ち

君とうたと僕と青春

同じ世界を生きる者だから

「優しいサンデー」

安心のテーマ

声は鳴く

きこえなかった言葉

電話

神様

誰も悪くないから

幸せであるように

歌じゃなければ

スプリングフレグランス

次の夜まで

それだけだよ

変な顔して歌ういつものメロディ

煙を吸って、吐いて。

それだけ

悲しい歌を見つめて

このまま

11/9の路上のこと

情熱のままに

ひとりにしないで

大丈夫なんだもん

ちさとちゃん

おなじ話

手をつないだ何十年先も

東京行

花心亭のケーキ

いらっしゃいませ

あたしはあんたを

あの娘と小樽の街で

僕らもう大丈夫さ

未来へとまた続いてくように

情熱に花を添えてはいけないよ

パレードは続く

嘘ついたってことは本当

最後の歌を歌う前に

気づいたときには

5度の末広にて

そっち向いてる間に

夏の手品

なんだっていいぜ

30度から5度

1119

音楽

ジンジャーソーダサイダー

TOKYO SINGER SONG WRITER

春が来るたびあなたに会える

そんなこと

不釣り合いはいつの間に消えて

なかなか簡単に会えないから

ひろちゃん

あの娘に伝えてくれないか

近くて遠い

でかい口で笑えますように