投稿

3月, 2014の投稿を表示しています

うるさい自転車

搭乗口

どんな理由であれ

俺たちのただの一日

歌を歌うということ

エンドレス・ジャーニー

いつかまたどこかで

なくなった

特に変わった様子もなく

悲しいときに

苦しくて歩けない

覚めないだろ夢

丸めこまれてる

クリスマスより値打ちがある

新しい生活

ばかみたいな帰り道

12日間

交差点に立って

涙の数だけ

あたし

雨の日曜日

帯広は相変わらず寒かった