ずいぶん近くにいたもんだ

 


3/24
宮崎floorR。「暮春~ずいぶん遠くへ来たもんだ~」と名付けた夜の宮崎編。宮崎のベランパレードとの2マンライブ。我々の取り置きは2。それでも知ってくれてる人は確かにいて、久しぶりの宮崎が一瞬で過ぎていった。宮崎で見るベランパレードは、前に見た宮崎のベランパレードよりも確実に強くて、かっこよかった。悔しかったし、嬉しかった。終わってからSRに行くと、前に来た時の僕らのポスターがまだ貼ってあった。人間の力を感じる街や場所や音は、やはり胸がドキドキする。打ち上げは、嵐坊というお店。ずっと騒いで騒いで騒ぎまくっていた。日付が変わり、用意していたケーキを取りにこっそり下に行き、上に持って行って電気を消して、ハッピーバースデーだ、ユリエちゃん。ユリエちゃんは変な顔で泣いていた。あなたはいつも泣いてるように笑ってた、だ。おめでとう。そこからノリでモッコリとあびの誕生日も祝ったけど、それは結構どうでもよかった。お店を出ても僕らはなかなか帰れずに、お店の前で騒いでた。覚えてないけど、ケントボーイズを胴上げしたりしたらしい。どうせまたあした会えると、頑張って解散した。あびとユリエちゃんと写真の風子さんと僕は、とりあえず風子さんをホテルに送っていった。そこで結局風子さんの部屋で飲もうとなって、飲んだ。いいだけ飲んで帰ろうとなってあびとユリエちゃんと3人でホテルを出て、ユリエちゃんを自転車まで送って、ヘロヘロで部屋に帰った。帰りたくなかったし、眠りたくなかった。

3/25
みんなで札幌に帰ってきた。ついてひと段落してから、ご飯を食べて結局飲みに行った。明日で終わるねなんて意味不明なこと言いながら解散。帰りたくなかったし、眠りたくなかった。

3/26
札幌SPIRITUAL LOUNGE。「暮春~ずいぶん遠くへ来たもんだ~」と名付けた夜の札幌編。札幌でベランパレードとやるのも見るのも、ずいぶん久しぶりだ。めちゃめちゃいいライブしてるから、少し、ううってなった。でもそれよりも、終わらないでほしいなって気持ちが覆い被さってくる。もっとやってくれ。僕らも、札幌一ヶ月ぶりでめちゃ久しぶりのライブ。結局この日も、一瞬で過ぎていった。胸が熱くなって、喉がギュッとなって、それが僕らは嬉しくて、あなたがやってるロックバンドがいてくれてよかったって、柄にもない言葉しか出ない。夜は駆け足、打ち上げはジンギスカン。朝から何も食べていなくて、めちゃめちゃお腹空いていたのに、全然喉を通らなかった。ビールも飲めなくて、ゆずサワーを飲んだ。何でかわからないけど気づいたらカラオケにいた。もう今日は音楽はいいやって思ってたはずなのに。身体はもう、みんな、ボロボロだったのに。なのに僕らは、帰りたくなかったし眠りたくなくて、夜を1秒でも長く、春を1cmでも深く、無意識のうちにそうしたかったのかもしれない。帰りたくなかったし、眠りたくなかった。

宮崎からの数日、記憶が曖昧なことばかりで(ただの飲み過ぎで)、でも確かに目に耳に胸に手に足に刻まれていて、それを風子さんが全部残してくれていた。あいつは今月のボイガル、すべてを撮りにきた。ずーっと、カメラを構えてた。昨日ドバーッと送られてきた写真を見て、ポールタウンで僕は泣きそうになって、そしたらユリエちゃんから「風子さんから届いた写真が良すぎて死にそう」と連絡がきた。僕らはもう、それぞれの街で、それぞれの生活に戻っていた。


写真はすべて南風子。2016年2月、二子玉川で路上した時に出会って、2016年3月27日吉祥寺シルバーエレファントの日に「撮りにきて」とお願いして初めてボイガルを撮ってもらった。僕以外のメンバーはその日が風子さん初対面、しかもその日は、動画を撮ってもらった。風子さんを連れ回したこの一年、よく来てくれたし、これからもよく来てもらいたいから、僕も頑張ろうと思う。最年少の風子さんは、いつも僕に「シンゴ先生、忘れ物ないですか?財布と携帯と、ちゃんとありますか?」と言う。おかげで、ライブハウスを出るときや酔っ払った状態で打ち上げ会場を出るときなどに、忘れ物をすることが減った。僕は28歳。はあ。風子さんはいつも笑ってるし、泣いてるところも僕は数回見たことがある。泣きながら写真撮ってるときがある。だが風子さんは写真には写らない。シャッターを押す人だからだ。僕らが輝けば輝く分だけ、風子さんが輝き、お客さんが感動する。最高である。必死で、丁寧で、泥だらけで、ぐちゃぐちゃで、大切な写真達なので、踏みにじる奴には鉄拳が飛ぶよ。ピリつかせることに関しては、僕は得意な方だからね。


喉が痛い。身体がずっと重い。それが嬉しい。今はもう少し歩く。声を出す。

ベランパレードに出会えてよかった。
あびと、こうたと、ユリエちゃんと、モッコリを、傷つけるようなことは絶対にしたくないと思うけど、もしかしたらきっと僕は既に何度か彼らを傷つけてしまっているかもしれない。だとしたら、もう二度とそんなことはしたくない。そして、彼らを傷つけるような奴が現れたら、僕は許さない。


ずいぶん遠くへ来たもんだ。
僕らとベランパレードは、すぐ肩を組んだり、手を繋いだり、
腕を組んだりする。










ずいぶん近くにいたもんだ。
帰らないでほしかったし、眠らないでほしかった。もっとかっこよくなって、また絶対会おうねって、究極の馴れ合いレベルで心の底から思った。


コメント